420 Sail – One Design

420 Mainsail

UKA-5
軽風から中風(6~12ノット)の風域にターゲットを合わせたデザインになっており、特にリーチのツイストはメインシートの少量の出し入れに敏感に反応しボートスピードの変化に対応できます。

420 Jib

UKA-3
ラフのエントリーに十分な丸みを持たせスピードの失速を極力おさえ、バックキャンバー(リーチサイド)をフラットにすることによりスムーズな風の流れを生み出します。

420 SPIN

UKA-5S

エリピティック(台形)構造のデザインによってシェイプスタビリティーを増しトリムしやすいセイルとなっています。特にランニングにおいては投影面積の大きさを活かし、より深くおとすことができます。